子供達のこと その1 乳児室  【手応え・歯ごたえ・踏み応えの嬉しさ】

1.“森の保育圓”に行く前に「太陽と土と水の保育」。その心は「免疫力」

 

散歩

午前中は毎日散歩に出かけ、日光浴!ときに雨、風に遭遇することも・・・。

歩行開始前の子達は、おんぶやバギーで出かける。

近場に大小多数の公園・緑地があり、どこに行くかは、その日の天候等の状況と、子供達の様子を総合判断して決める。

月齢の低い子は散歩先で午前寝をする。

屋外でもリラックスして寝る。

泥んこ

昼食を食べ終わった子は園庭で遊ぶ。

5月頃から既に水遊び、土、泥遊びが始まる。

ゼロ歳児の子たちは泥を嫌がらない。

どろどろ、ぐちゃぐちゃが気持ちいい!

快 ⇄ 不快

2.離乳食で意欲を育てる

 

離乳食

9ヶ月頃から手づかみ用のスティック野菜が用意される。

それぞれの野菜の食感そのものを味わう為、皿もスプーンも別。天気の良い日は室外のスノコで食事。完了食、移行食の子は「手づかみ食べ」から徐々に、スプーンを使う様になっていく。

「手づかみ食べ」に意欲的だった子達はスプーンへの移行もスムーズ。

「自発的な食欲」を旺盛にすることが大切。

3.「バリア」が状況判断・意欲・決断を促す

 

室内にはハイハイ板や階段、お滑り板などの「バリア」がある。

「手応え」いっぱいの環境の中、子供たちは、はいはいして動き回る。

子供たちは股関節の動きをよくするため、おむつをしていない。はいはいする中で、手の開きが悪い子も、手を開いてくる。